AZKi VIRTUAL DIVA

LIVE

【ライブレポート】2020.09.26「SorAZ Special Live 刹那的クロニクル」

2020.09.26

2020年9月26日(土)、ときのそら(ホロライブ)とAZKi(ホロライブ/イノナカミュージック)のユニットSorAZが『SorAZ Special Live 刹那的クロニクル(#劇場版SorAZ)』を開催した。2019年のラジオ共演(『アズラジ』第二回目)をきっかけに、歌ってみたやゲーム実況、生放送でやフェス出演でのライブ、そして2020年3月には、ときのそらのミニアルバム『My Loving』内で初のコラボ楽曲「刹那ティックコード」を公開。そして2作目のコラボ楽曲「紅藍クロニクル」をリリースしたばかりの2人が、オンライン上でロングライブを実現させた。

同じグループ内ではあるものの、ユニットとしてライブを行うという境地にたどり着いた前例は、VTuberのシーンにおいてはほとんどないだろう。境遇の違う2人がなぜここまでの親和性を生み出せるのか、そして「紅藍クロニクル」の収録から生まれたという劇場版の答え合わせが『SorAZ Special Live 刹那的クロニクル』で行われた。

ライブ開始に合わせて、赤と青のペンライトが観客席から光り輝き、ゆっくり揺れ動く。寄り添った2人の姿がかすかに浮かび上がるのと同時に「刹那ティックコード」の前奏が流れ出し、一気に高揚感が高まるのがわかった。明かりが照らされ、2人の姿がくっきりと映し出されると、『劇場版 SorAZ Special Live 刹那的クロニクル』の文字がまるで映画のタイトルを連想させるかのように映し出される。インパクトのあるタイトル演出に目を奪われた影響で、疾走感のあるビートと2人の力強くも透明感ある歌声が、1曲目から映画のエンディングを錯覚してしまう。劇場版の言葉の全てがこの1曲に集約されているかのような始まりに戸惑いを隠せないまま、あっという間に曲が終わると、AZKiの「改めまして、こんあず~!」の一声で一気に現実に戻される。


1曲目の緊迫した雰囲気とは裏腹に、ステージ上ではしゃぐ姿が印象的な軽いMCの後は、ときのそらのオリジナル曲「フレーフレーLOVE』を2人で披露。AZKiの4thワンマンライブ『AZ輪廻』でもカバーを披露した本楽曲は、開拓者にとって感慨深いパフォーマンスだったに違いない。2人とも歌い慣れたであろう曲だと思うが、目に映る光景はとても新鮮なもので、サビの「君に」の部分で目を合わせたり、「フレーフレフレフレ」に合わせて上に手を振ったり、横に広げて振ったりと2人で歌うとここまで違う景色が見れるのかととても不思議な気持ちになった。

続いては、AZKiのオリジナル曲「猫ならばいける」を2人で披露。この曲は、軽快なロック調の楽曲をアイドルらしく歌うAZKiのいわばギャップが詰め込まれた楽曲だ。そんな楽曲とアイドル性の高いときのそらとの相性は抜群。それでもギャップという意味では、縦横無尽にステージ上を走り回りながらも安定して歌いこなすAZKiと、慣れない早口に少し苦戦しているときのそらとのギャップが感じられる正反対なんだけど心地いいパフォーマンスが見られた。


ここからは、ソロパートのライブが行われた。この日のセトリを考えてきたというAZKiが最初にステージに上り、開幕から「Intersection」「Fake.Fake.Fake」「ひかりのまち」のアッパーチューンの3曲を披露。「Intersection」の歌い出しから、一気に自分の世界に持っていくAZKiの凄さが開幕から発揮される。まるでソロワンマンライブを見ているかのような、表現力で自分の世界を瞬時に引き込む力は、自らの持つ表現力と、これまで数多くのライブを経験してきたAZKiだからこそできる芸当だろう。MVの映像をバックに、目まぐるしいスポットライトが曲に合わせて暴れまわる。


AZKiのソロパート後半は、感情に押し潰されそうになるセットリストが待ち受けていた。1曲目の「いのち」では、途中で楽曲がストップするアクシデントが発生。再び歌い直す際に、「ただいま」とAZKiが囁く場面があった。観客の「おかえり」のコメントに対するアクションだったと言ってしまえば何でもない一場面かもしれないが、この一瞬の出来事には、AZKi含めチーム全体が生ライブにこだわり続けてきた意志が生んだ賜物だったと筆者は強く感じた。このなんでもない演者とファンとのやり取りがライブで生まれる意味は、コールアンドレスポンスと同じで、両者が同じ場所に立っている証明になる。そして、ライブで生まれる一体感に繋がる。「いのち」をきっかけに一層ライブに没入したのを覚えている。

 

2曲目に披露した「青い夢」は、イントロの歪んだ音から赤と青のペンライトの光が優しく揺れ動く。丁寧に丁寧に歌いあげたところで、サビで感情が爆発するかのようなパフォーマンスが印象的だった。曲後半の「守れないよ」の部分では、時が止まったかのような緊張感が漂っていた。続いてAZKiソロパート最後の曲は、「from A to Z」。開拓者とのユニゾンが特徴的な楽曲ではあるが、オンライン上でも開拓者も声を上げていることを信じているかのように力強く歌い上げる。黄色と緑のスポットライトがAZKiの動きに合わせるようにシンクロしているのが印象的だった。


「楽しいセットリストを考えてきました!」と語るときのそらのソロパートが始まった。「楽しい」の言葉通り、前半は「Equation of Love」「冴えない自分にラブソングを」「IMAGE source」の3曲を披露。開幕からカラフルなスポットライトが激しくときのそらを中心に動き回る。曲の合間の煽りや、POPからロック調の楽曲まで器用に歌いこなす姿はさすがとしか言いようがないが、それでもライブに置いて強く魅力的に感じたのは「緊張が伝わる」という点だった。高音の震えたシャウト、歌唱後の息遣い、息が切れてMCがおぼつかないところなど、明らかに見ていて緊張しているのが伝わった。それによって応援したくなる気持ちが滲み出る。緊張というマイナスな要素が多いイメージを完全にプラスに働かせるのは、ときのそらが持つアイドル性の力だろう。「全力でやらなくちゃと思った」とMCで語ったとおり、緊張が全力を最大限演出しているかのように感じた。

 

そして、「冴えない自分にラブソングを」のPOPでアイドルらしさが全開する楽曲から、「IMAGE source」のかっこよさを全力で表現する姿が印象的で、凛々しい表情から軽快なステップと腕の動きまで曲に合わせた見せ方を意識したパフォーマンスが印象的だった。息が切れていても合間に煽りを入れるのを怠らない姿と、稲妻が走ったかのような映像の演出が曲に勢いを増していていく。キリッとした動きで楽曲によって強弱をつけていく姿に感動した。


後半パートは、「可愛いく、アイドルらしく」と宣言した通り、「コトバカゼ」「青空のシンフォニー」「ぐるぐる・ラブストーリー」とアイドルらしい楽曲が並んだ。「コトバカゼ」が始まると、花火のような光の映像が後ろで曲に合わせて回りだす。そして、ときのそらの楽曲の中でもメロディックで哀愁漂う曲が会場を包む。元気いっぱいの楽曲もマッチしているが、こういった哀愁のある切ない楽曲の方がときのそららしいとライブを見て感じることが多い。そして、「ぐるぐる・ラブストーリー」の曲が始まるのと同時に、臨場感あるカメラワークと、ぐるぐる回る曲に合わせた映像の演出があちらこちらに浮かび上がった。見ているものに元気を与える全身全霊をかけたときのそらのソロパートはここで終了した。

 

お互いのソロパートが終わると、「hololive 1st fes. ノンストップ・ストーリー」で披露したアイドル衣装で2人が再びステージに上った。ホロライブの公式曲である「夢見る空へ」をSorAZで披露。歌い分けもしっかりされており、衣装も相まってアイドルさが際立っていた。白と黒の衣装で2人の境遇の違いを表現するかのように、そしてソロパートで見せたそれぞれの相対的なパフォーマンスかのような演出が見た目だけで感じ取ることができた。

 


そしてここから、再びお互いのオリジナル楽曲をデュエットするこの日限りの特別な時間が訪れた。AZKiの「のんびりと、」ときのそらの「Wonderland」を2人で楽しく歌っていく。「のんびりと、」ではおちゃらけて歌いながら笑ってしまったり、「Wonderland」では大きく手を振って2人で合いの手を入れたりと、全力で楽しむ姿が印象的だった。歌い終わった後真っ先に、「自由にやっております!」とAZKiが言うと、それに対して「楽しくなっちゃって…」と返すときのそら。見ている側も自由に楽しんでいるのがライブ開始からずっと伝わっていた。

 

 

劇場版でいえば、最終局面がまさにこのタイミングだろう。『SorAZ Special Live 刹那的クロニクル』開催に合わせてリリースされた「紅藍クロニクル」が披露された。壮大なイントロに合わせて小刻みにリズムをとるAZKi、静かに佇むときのそら、相対的な幕開けから前奏の盛り上がりのタイミングで腕を大きく振りかざしながら息ピッタリの合いの手を入れる2人。歌いだしと同時に歌詞が歌い手の装飾かのように浮かび上がる。時折目を合わせながら力強く鋭い高音をときのそらが見せると、透明感ある歌声でAZKiがそれに答える姿は、共闘しているかのようで孤独なような、歌の節々で印象が様変わりするのが印象的だった。

パフォーマンスの総力戦は映像演出も例外ではない。パート毎に配置や表情を意識したカメラワークと、歌詞のメッセージ性に合わせた映像が緻密に表現されていく。このライブでしか見れない劇場版の映像を見せられている感覚に陥ると同時に、目の前の光景が生ライブなのか疑わしくなるほどのクオリティに驚きを隠せなかった。そんな壮大なステージに立っている2人も、歌だけではなく、色んな局面で背中を合わせたり、向き合ったり、様々なアクションで表現を追求していく。ここまで細かい発見ができるのはオンラインライブの強みだろう。できることを最大限にチーム全体がやっていくまさに総力戦のような時間だった。

アンコール前の最後のMCでは、「そらちゃんが今までVTuberって世界をすごく盛り上げてきてくれたから、今ここに立ててる」と、ときのそらがVTuberの先駆者としてここまで走り続けたことの重要さを改めて伝え、感謝をする場面が見られた。それに対してときのそらは、「歌を歌いたいライブをやりたいって思ってた時に、ライブをたくさんやるような人が近くにいてほしいと思っていたから、本当にホロライブに入ってくれてありがとう」と、AZKiの存在の大きさを伝えていた。こういう舞台だからこそ生まれ、伝えることができるお互いの尊敬の念や感謝の気持ちを目の当たりにすると、ライブの重要さを改めて感じてしまう。音楽を通じて、方向性の壁を超えたドラマがオンラインであろうと生まれるのだ。

アンコール前最後の曲は、ホロライブ公式曲である「Shiny Smily Story」。MCの少ししんみりした空気を一変するかのように楽しく幸せな時間が会場内を包み込む。合いの手を小声で入れたり、リズムに合わせて無邪気に体を揺らす姿に、ライブを全力で楽しむという姿勢を改めて実感する。それでも最後のサビでは、感情を込めた歌を振り絞るかのように表現していた。

アンコールには、同じくホロライブ公式曲である「キラメキライダー☆」が披露された。「Shiny Smily Story」の時とは違い、丁寧に声を合わせていたのが印象的だった。お互いが色んな思いを歌に乗せているのがわかるような、特に最後のサビではお互い目を合わせて息ぴったりにジャンプして最後の力を振り絞る感じが、エンディングを演出しているかのようだった。

今日のライブは第2回の前哨戦だと語っていたときのそら。この日のライブでは、ライブすることの意味や重要性に改めて気付かされるライブだった。SorAZとしての1つの集大成でもあると同時に、普段は恥ずかしくてなかなか言えない思いや、お互い活動の方向性は違えど、ライブを通して、音楽を通して、ここまで絆を深め合うことができるのかと感じた。そして、同じグループとはいっても普段はソロとして活動する2人が、SorAZというユニットだからこその新たな一面が楽曲を通して見られたのは、ファンからすると感極まったはずだ。日を重ねるごとに深まっていく2人の親和性、そしてそれらが生み出す劇的なライブ、これからも見守っていきたいと心から感じたライブだった。

取材・文 : 森山ドロ
https://twitter.com/doro0157 


<セットリスト>

1.刹那ティックコード / SorAZ
2.フレーフレーLOVE / SorAZ
3.猫ならばいける / SorAZ

4.Intersection / AZKi
5.Fake.Fake.Fake / AZKi
6.ひかりのまち / AZKi
7.いのち / AZKi
8.青い夢 / AZKi
9.from A to Z / AZKi

10.Equation of Love / ときのそら
11.冴えない自分にラブソングを / ときのそら
12.IMAGE source / ときのそら
13.コトバカゼ / ときのそら
14.青空のシンフォニー / ときのそら
15.ぐるぐる・ラブストーリー / ときのそら

16.夢見る空へ / SorAZ
17.のんびりと、 / SorAZ
18.Wonderland / SorAZ
19.紅藍クロニクル / SorAZ
20.Shiny Smily Story / SorAZ
21.キラメキライダー☆ / SorAZ


【SorAZ Special Live 刹那的クロニクル 公演概要】

▼出演者
ときのそら/AZKi

▼配信日時
2020年9月26日(土)開場:18:30~ 開演19:00~
※公演公式ハッシュタグ : #劇場版SorAZ

▼チケット
¥3,300(税込)
一般発売中
▼アーカイブ配信チケット購入URL
配信プラットフォーム:SPWN
日本語ページ : https://virtual.spwn.jp/events/20092601-azki-tokino
(FOR ENGLISH USER/ARCHIVE TICKET PAGE) : https://virtual.spwn.jp/events/20092602-azki-tokino

※本ライブはライブ開催日の9月26日は勿論の事、チケット購入後10月26日23:59まで23:59までアーカイブの視聴が可能となります。チケット販売の受付期間は、【 2020/10/26(月)23:59まで 】となります。

本ライブは公演終了後、【 2020/10/26(月)23:59まで 】アーカイブ配信を何度でもご覧いただけます。

※本公演に関して、録音録画は禁止とさせていただきます。但し、放送画面のスクリーンショットの撮影、ならびに撮影した「静止画」のアップロードを各種SNS、WEBサービスで行う事を許可致します。

BACK